混同されやすいうつ病と適応障害【違いを知っておこう】

適応障害とうつ病の違い 知っていますか?

特徴を踏まえて治療

女性

早めの治療が大切

イライラして怒りやすくなったり不眠が長く続くなどの症状が続く場合はうつ病である可能性が高く、ストレスを和らげるように対策をしたり心療内科や精神科でカウンセリングをして適切なケアを行う必要があります。似た症状の精神疾患に適応障害が挙げられ、社会で普通の生活を行う能力が低下するという特徴がありますが、うつ病と混同して認識されやすく違いを理解する事が重要です。適応障害がうつ病と異なる点は、原因となっているストレスが緩和されることによって行動が一般社会に対応できるものに変化していき症状が治まるという点です。この場合は患者を、ストレスを引き起こしやすい場所や人間関係から距離を置くことで症状を和らげて、ストレスとは異なる別の事に興味や関心を持つ事で精神面や行動を普通の状態にすることが出来ます。一方でうつ病の場合は、一度発症するとストレスを感じないはずの場面であっても長く抑うつ状態になるため、治すのに時間がかかり適応障害よりも治療期間がかかるという特徴があります。ストレスを感じる場所が学校や職場であっても、抑うつ状態が持続するせいで家庭内でもイライラしたり怒りやすくなったりする事が特徴です。原因となる場所を離れると症状が緩和する適応障害との大きな違いは、持続性の高さであると言えます。また、適応障害の期間が長くなることで治療が困難になるとうつ病を発症する方もいるため、違いを理解した上でうつ病になる前に治療を行うことが大切です。患者にとってストレスが溜まりやすい場所から移動をしても、イライラが治らずに怒りやすくなったり不眠の症状が出やすくなったりする場合は、症状がうつ病に移行している可能性も考えて心療内科や精神科に相談すると早めの対処が出来ます。これらの2つの病気は治療法にも違いがあり、うつ病治療の場合は抗うつ剤などを用いて気持ちを緩和させる治療を行いますが、適応障害は対人関係や環境を変化させる事がもっとも効果的な治療法です。また、外部に対する認識を改める事も適応障害の症状を和らげるのに役に立ちます。適応障害の症状があり職場を変更できない方や人間関係を変える事が出来ない場合は、患者の外部に対する考え方を変えてストレスになる人間関係に強くなるようにトレーニングを行うことも効果的です。具体的には、自分が嫌な相手に負けないようなメンタルを持つことで、嫌な相手と一緒の職場であっても人間関係を乗り切る事が出来ます。パニック障害などの発作を起こすようになる場合は、職場から離れる方法をとる事になりますが、患者が自分を変えたいと考える場合は克服方法を考えていく事でも治療する事が可能です。無理に適応する事が難しいと判断されるような環境の場合は、患者がどのような選択を行いたいのか患者自身の判断に委ねて治療をする事が出来るのも、うつ病との違いです。うつ病の場合は、自分自身で判断するよりもカウンセラーに話をしてアドバイスをもらうか、薬やサプリを服用する治療法が用いられます。場合によっては、適応障害の治療法として薬を使用することもありますが、その場のストレスを緩和するだけで根本的な改善にはならないという特徴があります。

気になる病気の違いとは

病院

適応障害とうつ病の違いは憂鬱な気分や食欲不振などの症状が長く続くかということです。適応障害の場合、ストレスに環境が改善されれば症状が徐々に治まってきますが、うつ病の場合はそれでも改善されません。気になる症状がある方はぜひ病院に行きましょう。

抑うつ気分の持続

相談

適応障害とうつ病は、症状がよく似ています。抑うつ気分が出るところまでは共通ですが、その気分が持続するか否かが大きな違いとなります。抑うつ気分は持続しないことが適応障害の特徴ですが、よく似ていますので、専門医の診察を受けることが重要です。

精神疾患の特徴

男性

適応障害とうつ病の違いは、自己嫌悪や罪悪感を感じるか否か、という点です。また、ストレスから離れると症状が治まる適応障害に対し、うつ病ではそのような点は見られません。医師にきちんと診断してもらい、それぞれの疾患に合った治療を受けましょう。